ポ  サ  研

─ ポスト真実 のサウンド研究, ヴェィパーゥエィヴ と仲間たち, 欲望 複製 PØP ─

YouTube

Roger Eno and Brian Eno: Mixing Colours (2020) - レッツゴー合身・アンビエント兄弟! スロウでスロォな大爆走!!

Roger Eno and Brian Eno: Mixing Colours (2020) - YouTube キちゃいました〜っ! ロジャーさんとブライアンさん、われらのイーノ兄弟として初の連名アルバムになるのだろうか、そのピッカピカの新作、“Mixing Colours”ですわん! もうたまりませんわん!! ……

Miles Davis, Lee Konitz, Billy Bauer: Odjenar (1951) - 取り戻せ! 喪われたおジャズの理想の世界

Miles Davis, Lee Konitz, Billy Bauer, et al.: Odjenar (1951) - YouTube 前の記事にて、ジェフ・パーカー関係の作品(★)を、いい意味にしても《独断的》などと評したオイラ。がしかし、チョコっと自省反省などしてみたら、よっぽどオレのほうが独断的。…

ASTRO TV SYSTEM: SIGNALWAVE_2054 (2019) - あなたのキャプテンに言いなさい

ASTRO TV SYSTEM: SIGNALWAVE_2054 (2019) - Bandcamp コクがあるのに、聞き味スッキリ! いま時代は激しいスローダウンへ!そう、じわっとした蒸気の波が、おだやかに心の痛みを取るんです! 効きます! お試しくださいシグナルウェイヴ、試聴は無料っ!! ………

Antonio Carlos Jobim: WAVE (1967) - 至高のボサノヴァと永遠のマーケット

Antonio Carlos Jobim: WAVE (1967) - YouTube これも意外とヴェイパーウェイヴに関係ある話なんだが、あのどうしようもなくシットでファッキングに最高な、アントニオ・カルロス・ジョビンの“WAVE”。これはボサノヴァの至高の名曲であると同時に、スーパー…

Éliane Radigue: Geelriandre / Arthesis (2003) - マシーンルームの孤独と瞑想?

Éliane Radigue: Geelriandre / Arthesis (2003) - Bandcamp ドローン系アンビエントの元祖の一人のようにも言われる、フランス出身のエレクトロニック音楽の女神、エリアーヌ・ラディゲ。1932年生で、いまなお健在で活動中。そのBandcampから出ているアルバ…

書評:ジョン・マウチェリ「指揮者は何を考えているか」(2019, 白水社) / ハーマン「サイコ組曲」 by マウチェリ

マウチェリ「指揮者は何を考えているか - 解釈、テクニック、舞台裏の闘い」(2019, 白水社) ジョン・マウチェリ「指揮者は何を考えているか」、これは図書館でたまたま目についた本だけど興味深かった。けっこうその内容が頭にこびりついているので、記憶…

Elli et Jacno: Main dans la main (1980) - 機械仕掛けのカノジョとカレシ

Elli et Jacno: Main dans la main (1980) - YouTube おフランスのテクノポップ・ヒーローであるジャクノ(Denis Quilliard)と、同・歌姫エリ(Elli Medeiros)のデュエット。曲名の仏語は、「ハンド・イン・ハンド」くらいの意であるはず。いや、何か違う…

Computer Wind: Behold Your Soul (2020) - 張りボテ天国への入場券、今なら超ディスカウント価格にて!

Computer Wind: Behold Your Soul (2020) - Bandcamp 《コンピュータ・ウィンド》は在ブラジルを自称するヴェイパーウェイヴ・クリエイターで、2019年からBandcamp等に作品を発表しているニューフェイス(おそらく)。という、それ以外のことはいまだ分から…

Brian Eno: Ambient 1 - Music for Airports (1978) - イーノ《アンビエント宣言》の私訳 と、《ミューザック》

ブライアン・イーノ「アンビエント1:ミュージック・フォー・エアポーツ」(1978)。それは《アンビエント・ミュージック》の第一号でありかつ、いまだ超えるもののない、そのジャンルの最高傑作。……ここまではいいね?そしてそのアルバムの、本人によるライ…

非可逆音声ファイルフォーマット関連のおさらいメモメモ

オープンソースのMP3エンコーダ、“LAME” ◇まず、固定ビットレートのMP3について。192kbps以上のMP3とロスレスの音声、それらを聞き分けできる人間は、“原理的に”存在しない、とか。もしそれが存在したとしたら、一種のエスパーなのだろうか。いっぽう常人ら…

Floridamphetamine: ͝↠↠ICE̻ BEAM (2015) - ポケモンマスターに、オレはなる! ならないと限った話でもなくはなくない!

ヴェ〜イィ〜! さて、Vaporwaveの話なんだけど。 近ごろになって思うのだが、自分はこれまでヴェイパーウェイヴってものを、意外と甘く軽く見てたのかも知れないなって。いや、思ってた以上にこれはすごいのかな、という気がしてきているのだった。 Phuture…

James Ferraro: Troll EP (2017) と、山口美央子4thアルバム「トキサカシマ」の気配

ボードレールの美術批評「一八四五年のサロン」などを見て思ってしまうことのひとつは、「この人、残念な作品らをそれとなく紹介するのがうまい」。意外に社交性とか商売っ気みたいのが、なくもなかったっぽい? ただしそれらが、実の世間にはまったく通用し…

V.A: WEB / そ の 意 味 で (2018) - ハロー、ヴェイパー! グッバイ、チェリィ・デイズ!!…そしてデンパが途切れがちの日々へ

V.A: WEB / そ の 意 味 で (2018) ヴェ・ヴェ! ヴェイ〜プ!!(親愛の呼びかけ) …さて「WEB / そ の 意 味 で」(2018)は、仏トゥールーズにベースがあるらしいVaporwave関係のレーベル《Elemental 95》発のオムニバス。アーティト15組が参加、全15曲入り…

V.A.: Midnight Radio - Noir Jazz (2016) - 今は、もう暗く…ダークジャズ(ドゥームジャズ)のススメ

ネクラの皆っさァん、おっはようございま〜っす!! ヒュッヒュ〜! …いやさてネクラって本来は、表面ではなく《根》が暗い。つまり陽キャを装った人間らがふと見せる暗み、みたいなことを言うんだと思うんだけど。しかしそんなことを考えもしないやつらは放っ…

現代建築420: S/T, Render (2018) - 残響のかなたに失われたショパンを求めて

ヴェイピストの皆さんチャオ! さてこのブログ、近ごろはVaporwaveにしたってずいぶんきびしい話題が続いたので――気持ち悪さが心に残るとか、いいのはバンド名だけだとか――そこらを反省し、今回はとても気持ちのいいMallsoftをご紹介。 現代建築420: S/T (20…

憂鬱鬱鬱: アトランティス号 (2016) - 転がる石が水中に落ちて付着させた水ゴケ

ヴェイプ!(ごあいさつ) さあ、Vaporwaveのお話だヨ! さて前記事(★)でわれわれが傑作、もしくはケッ作と認定した「HENTAI KID の: Anime Strip Club 18+」(2016)。この人の作品は他にないのかと、調べてみたのだが…。したらDiscogsの記載によると、こ…

Kniteforce Records - レイヴ・ドリームを追い続ける、愛すべき××ら

その名を「ナイトフォース」と読まれたそうな、在ロンドンのテクノレーベル「Kniteforce」。これは要するに、Early 1990'sの全盛期ブレイクビーツ・テクノの再興を目指しているのではあるまいかと推測される、あっぱれおめでたい連中であるっぽい。 さてその…

みかわ絵子「忘却バッテリー」 - グレッチで殴って、ジャズマスでエグって。

前記事『「忘却バッテリー」と、オウテカ』(☆)の補足、小ネタ。まずは、その前記事でご紹介したストーリーの続きから。 …元天才のバッテリーを擁する三流野球部は、やがて多少だけチームらしくなり、そして練習試合に臨む。対戦相手は、かってのライバルが…

みかわ絵子「忘却バッテリー」 と 戻りつく原点であるらしきAutechre(オウテカ)

Webコミックサイト「少年ジャンプ+」にて2018年4月より掲載中の野球まんが、みかわ絵子「忘却バッテリー」。 【作品概要】 中学シニア時代に天才と謳われたキャッチャーくんが、何かの事故のため記憶を失い、野球の知識や技術も忘れ、ムリに《陽キャ》を装う…