ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave, Désir Duplication Répétition ─

Fester's Quest: F a n c y F e a s t ⁽ᵇˡᵘᵉ ˡᵃᵇᵉˡ⁾ (2021) - 愛はリッチなお肉のフレイバー

《Fester's Quest》──フェスターズ・クエストを名のる人は、米フロリダ州に在住のヴェイパーウェイヴ・クリエイターであるようです()。
そのバンド名のフェスターズ・クエストとは、海外版ファミリーコンピュータ向けビデオゲームのタイトルが、借用されているものと思われます()。

さてこのフェスターさんは、2016〜18年にアクティブで、しかしこの3年ほど新しい作品がありません。
また、惜しくも。このフェスターさんによる作品たちは、いままであまり、このヴェイパー界の大きな話題になったことがないようです。

そのようなフェスターさんの──失礼ですが地味で隠れた──作品が、なぜこの場でのご紹介という運びになっているのでしょうか。
それは、私たちの信頼のレーベル《B O G U S // COLLECTIVE》が、この2021年1月、フェスターさんの2017年のアルバムを再発してくれたからです。アートワークの色をブルー系に替え、そしてボーナストラックを追加した増補版として。

さあ、その注目のアルバム、“F a n c y F e a s t”。これは、キャットフードをテーマにした作品かと思われます。
青いラベルの新エディションは、全13曲・約38分を収録。その各トラックのタイトルが、カバー写真の毛並みのよさそうなネコさんの、ラグジャリー&ごうまんな暮らしぶりを暗示しています。

そして……。私もこのほど初めて聞く機会を得たのですが、この『ファンシーフェスト』は、どういう音楽であるのかと申しますと? いや、それが実に……!

まずこの音楽は、出どころのまったく想像もつかないような、あさはかにして安っぽさをきわめた《ミューザック》らを、その素材としています()。
ややロック調のそれら原曲を、わずかにスローダウンしていそうですが、しかしその効果は、それほど過激ではありません。すさまじいのは、その先のローファイ加工です。

かなり多くの楽曲で、2kHzあたりから上の高音部が、バッサリと完全に切り棄てられています。その切れ方の鋭さからするとこれは、EQではなくローパスフィルタの処理かも知れません。
かつ、低音部の周波数もカットされていますが、そちらの削り方はまだしも穏健です(……ヴェイパー界の基準では!)。

その他にも、軽くリバーブの処理などがあり、まあとにかくサウンドのローファイさがきわまっています。音圧がきわめて低く、鼓膜に当たるような音がほとんど出ていないので、じっさいよりも音量が小さく感じられるでしょう。
これではまるで、近所の家で点けているラジオか何かの音が、壁から洩れて聞こえているようです。

ところがそのような、もうろうとしているばかりのサウンドを、きわめてスムースでコンフォータブルだと感じている私がいます。すばらしい!

なお、このアルバムについてRedditで、興味深い問答を見つけたのでご紹介します。この『ファンシーフェスト』オリジナル版が出た当時、ヴェイパーウェイヴ愛好者からの批判的な意見に、作者フェスターさんが回答しています()。

【ボロック氏】:どの曲もまるで、壊れたテレビの音声を約6メートルも離れて聞いているかのようです。実にやせ細って聞こえづらい、こんなサウンドは好ましくありません。
【フェスター氏】:不運なことに、これらすべては、壊れたテレビの音声が約6メートルも離れて録音されたものなのです。これもまた人生です

そういうことなら、受け容れなければならないようです! イエス

なお、フェスターさんのディスコグラフィは──現在までに8作くらいのアルバムが出ていますが──、別にこういうサウンド一色であるのでもなくて。
もう少しくっきりと聞こえている音楽(?)や、またチップチューンのようなものも存在します。
ですが、この『ファンシーフェスト』にもっとも傾向の近い作品は、それの前作になる“HORSE GIRL”でしょう。あわせて大いにおすすめです!

──それにしても──。

果てしないほど拡がり続けるヴェイパーの荒野、そこに埋もれたジュエルであった、このアルバム『ファンシーフェスト』。その作者の功績は、もちろん言うまでもないにしろ。
かつ、それの発掘に成功したボーガス・レーベル、そのサーチ能力と批評眼もまた、実に卓越したものだと考えざるをえません。深く尊敬です!!

[sum-up in ԑngłiꙅℏ]
Fester's Quest, a Florida-based Vaporwave artist. His album “F a n c y F e a s t” is a concept album based on the theme of cat food. It could be considered as a description of the luxurious and arrogant way of life of the cat in the cover photo.
The album was released in 2017, but didn't seem to get much attention. In January 2021, it was reissued with bonus tracks by the trusted label B O G U S // COLLECTIVE. This new edition contains a total of 13 tracks and about 38 minutes.

And it is thought that this album is a processing of “Muzak” or something, which are so cheap, absurdly and cheesy that you can't imagine the source, into a horribly hazy Lo-Fi sound.
It's like the sound of a radio or something playing in a neighborhood house leaking through a wall.
However, I find such a vague sound of this extremely pleasant, smooth and comfortable. Very nice!

deko: MoonKid EP (2019) - ハイパーポップは…どこまでイクのでしょう? ピコーン!

《deko》──ディーコという名で知られる《Grant Andrew Decouto》さんは、米ジョージア出身のラッパー/プロデューサーです()。
1995年生まれ、ブロンドのカーリーヘアがセクシーな男性──たぶん──、です()。

この方が、ディーコ名義で作品らを発表し始めたのが、2019年くらいと見られています。
そしてそれが、いま話題の《Hyperpop, ハイパーポップ》のムーブメントの中で、少し目立ったものになっているようです。

いや、話の流れは、むしろこういうことです。
まず、そのハイパーポップと呼ばれる音楽が流行りぎみだということを私は風聞し、どのようなものであろうか、といぶかしみました()。
それでとりあえず、ざっと100曲くらいのハイパーポップを聞いてみました。ざっとですが()。

そしてそれらの中で、もっとも私の心に触れたのが、このディーコさんによるトラックらだったのです。〈これはわりに、“こっち側”の人かも知れないな〉、と。

で、さてそのハイパーポップについて、何も存じませんけれど、ざっとご説明いたしましょう。
これが、音楽に関連する感じのムーブメントとして注目されるにいたったのは、だいたい2019年のことであるようです。主にSNSからの動きとして。

そしてこのハイパーポップには、特定の音楽スタイルというものが、ありません。

スタイルのところを見てみると、わりにふつうめいた形式のポップやR&Bに始まり、続いてヒップホップやトラップがある、そのあたりは当然としても……。
さらには、グランジ・ロックやエモ・ロック、またはシンスウェイヴやダークウェイヴ、あるいはユーロディスコやUKガラージ風。
そしていちばんゆかいなのは、かの2ライヴ・クルーめいたマイアミ・ベース、ベース、ベース、ベィース!──、等々々のスタイルを、その中にへいきで含みます。

deko: PHANTASY STAR ONLINE ft. Yameii (2019) - YouTube
deko: PHANTASY STAR ONLINE ft. Yameii (2019) - YouTube
《美学》の豊かな愉しい音楽ビデオです!

そのように、ハイパーポップは、特定の音楽スタイルを持たないのですが。しかし、何か共通するセンスみたいなものはそこにある、と考えられます。

そのセンスとは、私の感じるところ、独特のけばけばしさです。

これもいまでは古い話ですが、《ギャル》や《JK》のような方々がケータイ電話にラインストーンか何かいうものをベタベタと貼りつけて、ゴージャスに《デコる》。ああいう感じ、と申しましょうか。

そしてハイパーポップが、そういうけばけばしさを音楽的に実現する手段が、まず、もうおなじみの《ケロケロ・ボイス》エフェクトであり。あわせて、グリッチ的な手法のあれこれなのでしょう。
一部ではこのハイパーポップの大きな部分を、《Glitchcore, グリッチコア》、と別称する傾向があるようです。その言い方のほうが、これの特徴をはっきり示しえているようにも思えます。

……で、さて?
そういうハイパーポップのさまざまな中で、私に対してディーコさんがきわだっていたのは、この人の音楽のファミコンくささ》、その特徴ゆえなのです。

ファミコンくささ》と申しますのも、別にたとえや形容ではありません。じっさいにこのディーコさんのトラックたちは、ファミコンNES)等に由来する電子サウンドを、大量に含んでいます。
とくに特徴的なのは、例のマリオさんが〈コインを獲る〉ときの、あの音です。
  《ピコーン!》
よっぽどのお気に入りと見えて、ほんとうにそれが、あちらこちらで鳴りまくっています!

そういうニホン産ビデオゲームに限らず、ディーコさんの音楽とアートワークには、ニッポン寄りのテイストが、あちこちに感じられます。
すなわち、アニメ、アニメくさいニホン語の語り、アニメ風CG、ボーカロイド、そして歌舞伎町的なネオン街の極彩色のランドスケイプ、等々々。
つまり私たちの言う《美学》、ですね! イェイッ)。

そして彼の、“MoonKid EP”の5曲め、Kawaiiという曲が、私の大のお気に入りです。オモチャめいたビートボックスのライトな響き、おチープ&ドリーミィなシンセ音の拡がり、文脈のよく分からないニホン語のアニメ声──、そしてマリオさんの《ピコーン!》

という、〈カワイイ〉世界が構成されているかと思うと。そのいっぽう、“Moonkid Mondays vol. 2”に収録された、“mac10”というトラックは、そこから展開しての、きわめて激しくも禍々しいグリッチ地獄です。インダス・ノイズの寸前です。
そのイントロの、FMシンセ的な美しいチップチューンの響きから、まさかそのように展開するとは、まったく予想もしえず。どぎもを抜かれました!

というわけで。ディーコさんはすばらしい。親しみがありつつ、また大いにリスペクトもできますが……。
……にもかかわらず、彼の音楽をすごく大好きだとも言えないのは、そもそもラップを私が好きではないからです。ことばがあまりにも多すぎです!

かつまた。ハイパーポップの全般に対しても、〈まあ、“いま”のサウンドではあるのかな?〉、くらいにしか思えない私がいます。
その共感しにくさの原因は、〈私はっ! ボクはッ! オレがぁ〜ッ!!〉みたいな圧が、そこには強すぎるからか、と考えられます。

すなわち。個人のことですが、いままで私のずっと聞いてきたポップ音楽は、まずパンクロック、次にアシッドハウス(テクノ)、そして現在のヴェイパーウェイヴ。
それらの共通点は、《私》なるものを滅却していこうとするポップだということです。ハイパーポップとは正反対です。

ただし。

ハイパーポップがくどくどと強く主張している《私》たちが、SNSの中にしか生息していないような薄っぺらでつまらない生き物らだというところに、奇妙な目新しさは感じます。20世紀のフォークや私小説実存主義らの主張してきた《私》たちとは、何か違うようです。

あるいは。あらかじめ滅却されてしまっている何かが、むりにでも《私》であろうとして、その何か自身を必死にデコっているのでしょうか。
そこから進んで、さらにバカなことを言うなら、インスタ映えのためなら死ねる!〉、くらいのくだらない軽さと過激さが、そこにはあるのでしょうか。その意気は、大いに買わずにはいられません。

というわけで。この新しさをめかした波に、勇ましくライドオンができない自分を、少しさびしくも思いますが……。
……ともあれ今後のハイパーポップの動向に注意しつつその大いなる発展に期待します!

Anna Fox Rochinski: Cherry (2021) - マジ童貞!? キモーイ! 童貞が許(後略)

《Anna Fox Rochinski》──米マサチューセッツ州出身の女性歌手、アンナ・フォックス・ロシンスキーさん()。
2009年から彼女は、サイケフォーク的なドリームポップのバンド《Quilt》の一員として、ご活躍なされています()。このバンドでは3作のアルバムが出ていますが、それぞれ評価がやや高いもののようです。

そのアンナ・ロシンスキーさんの、初のソロアルバムが、ご紹介いたします“Cherry”です。
2021年3月・発の最新アイテムであり、その音楽スタイルは、ローファイ気味のエレクトロポップくらいに言えそうです。全10曲・約38分を収録。

そして?

何しろアルバムのタイトルが《チェリー》であるだけに、〈どうせ、“オレらの陣営”に対するディスなんだろっ、えーっ!?〉、といった思い込みが、私たちのサイドには生じがちでしょう。
異なるでしょうか?
そしてそう思い込んだとすると、謎めいた青空にワク取られたカバーアートまでが、かのM$社か何かと結託しつつ、みじめな童貞らを憐れんでやまぬ、晴れやかな勝利のフィーリングでしょうか。

──あ、で、さて。今アルバムの7曲めが、そのタイトル曲「チェリー」なのですが。
その歌詞は、だいたいこういうもののようです。

私は彼を決して入れません
荒天の時は警備員が上がっているので
私はそれを知覚する良い方法がありません
どうしてそんなに強迫的になったのですか?
私がスパイラルを何度も見ている
彼らはただ「それは残念だ」と言うだけです

 

正直なところ、彼のために病気になるのは悪い労働です
(死ぬまでさくらんぼ、目にさくらんぼ)
正直なところ、私は私の心がより良いプレーヤーだと思いました
(チェリーは嘘です、チェリーパラダイス)

……と、すれば。〈マジ童貞!? キモーイ、キャハハー〉などと、そこまでストレートに言われてはいないようですが。
しかしやっぱり何となく、《われわれ》を愚弄している感じがゼロだとは?

あ、いや、まあ、冗談はこれくらいにいたしまして。

Quilt: Plaza (2016) - Bandcamp
Quilt: Plaza (2016) - Bandcamp
キルトの、“最新”のアルバムです。
アレンジが生バンド寄りです。

その歌詞の意味とかはよく分かっていませんが、ともあれアンナさんのソフトなボーカルが耳に快い、聞くに愉しいアルバムだと考えています。この『チェリー』は。

それのタイトル曲つまり「チェリー」が、とくに出色なのです!

──なぜなのかその曲は、8ビットゲーム機めいたチップチューンで始まります。ピロリロリー
続いてナチュラルトーンのギターが、フォークとマスロック(math rock)をまたぐようなリフで鳴らされます。
さらに続いて、アンナさんの甘く伸びやかなボーカルによる童貞告発、へと運びますが──。

そして、その楽曲の全体にわたり──かつアルバムの全般にもわたり──、エレクトロ的抽象世界とナイーブでドリーミィなフォーク世界とを、意味も分からず往復し続けているようなワイド感。これが奇妙にいいんですよね!

と、いうわけで、《われわれ》ことミソジニーインセルの高齢童貞アーミーも、アンナさんを大いに赦しましょう。《赦す》ということの尊さ、それを誰もが少しずつ考える。

Kevin Richard Martin: White Light/Red Light (2021) - そんなグラデーション、暗さから暗さへの。

《Kevin Richard Martin》──ケヴィン・マーティンさんは、イングランド出身のエレクトロニック系ミュージシャンです()。1990年あたりから活動されているようです()。

このケヴィンさんの最新作、今2021年初頭のリリース品らが、“White Light”および“Red Light”、という連作めいたアルバム2作です。
これらのスタイルは、ダークアンビエントです。2作あわせて、10曲・約79分が収録されています。

そしてダーク系として、ふだん私がついつい聞いている、《Cryo Chamber》のシネマティックでドラマティックなテイストとはまた違う()、かつティーヴ・ローチさんのニューエイジ風味で宇宙的なダークとも異なる()、その淡々とした暗さに、フレッシュさが感じられました。

いいと思います。実用オーケーです!

で、さて。このケヴィンさんは近年まで、どちらかというとインダストリアルの方面で、彼の音楽キャリアを積み重ねてきたようです。
ここまでの彼の最大のプロジェクトと思われるのが、《The Bug》という一人バンドなのですが、これはどうにもインダス・ヒップホップとでもいうような、また実にチン妙な音楽です()。
けどまあそれらが、ニンジャチューンやリフレックスのような、ともかくも名の通ったレーベルらから出ていたそうなのですが……。

そうして現在ケヴィンさんは、この本名の名義にて心機一転(?)、ダークアンビエントに取り組もうとしておられるようす。それは、とても歓迎できるトライです。
ですがしかし、2020年・夏くらいの作品までは、まだインダスの尻尾がついていた感じです。あまり耳にやさしくないパートが、散在しています。

それから追って2020年11月リリースのアルバム、“Sedatives”)。このあたりから、私の強く共感できる、どんよりしているだけのダーク系サウンドになっています。達成です
そしていま、2021年。ホワイト&レッドのペア作品で好スタートを切ったケヴィンさんの、ますますのダークな躍進に、大きな期待ができると思います!

3D BLAST: Music, Here To Stay (2021) - 成功していくヴェイパーウェイヴ

ミシガン州デトロイトに在住だというヴェイパーウェイヴ的クリエイター、《3D BLAST》。2015年からご活躍であるようです()。
この3Dブラストさんの名は、ヴェイパーというよりも《フューチャーファンク》の成功したプロデューサーとして、すでに広く知られているでしょう()。

そして、そのフューチャーファンクで成功しているレーベル《business casual》から、本年1月末にリリースされた3Dブラストさんの最新アルバムが、“Music: Here To Stay”です。
彼のフルアルバムとして2019年以来の作品であり、全9曲・約36分を収録しています。

そしてビズ・カズ社のWebページによると、このアルバムは限定250枚のヴィニール盤が、すでに完売しているとか。これがまたこの世界では、かなり大した成功だと言えるでしょう。

ところで?
実を言いますと私は、この3Dさんの諸作品について先日まで、〈まあ、フューチャーファンクですよね〉──くらいの印象しかありませんでした。私たちのヴェイパーウェイヴであるよりは。

その私が3Dさんの、この新作『ミュージック:ヒア・トゥ・ステイ』に、注目した理由は──。
それは今作が、おなじみのヴェイパー関係ポータルサイトユートピア・ディストリクト》のレビューにおいて、5/5点という大成功を収めていることに、思わず目を見はったためなのでした()。

……いや、その。……ヴェイパー作品らに点数をつけ、5点が満点だとして、かの『チャック・パースンズ・エコジャムズ Vol. 1』や『フローラル・ショップ』らが、その5点だとしましょう。そして、もちろん『新しい日の誕生』も。
仮にそういう基準だとすればヴェイパーウェイヴの歴史上、満5点を獲得するようなアルバムは、せいぜい全10作ほどであろうと、私には思えます。

たとえば。私の尊敬してやまない《サンブリーチ》さんのレビューでも、《三つの太陽》と呼ばれる最高の評価を得ているアルバムは、12作のみです()。
いや、それは、2018年秋までのレコードではあるのですが。しかし、それから現在までに満点レベルのアルバムが何か、あったような気はしません。

とはいえ、仮に4点でも、かなりいい作品であることは間違いありません。それらの作品の存在は、私たちの幸福です。大いなる感謝と敬意で迎えましょう。
しかし。満5点の作品ともなれば、その登場がショッキングな《事件》に他ならず、かつまたヴェイパーウェイヴへの認識そのものを大きく変えてしまう──、そのくらいのものでなければならないでしょう。

そして?
いったいどれほどのものなのか──、という思いで私は、この3Dさんの新作『ミュージック:ヒア・トゥ・ステイ』に聞き入ったのですが。

3D BLAST: Pioneer (2015) - Bandcamp
3D BLAST: Pioneer (2015) - Bandcamp
3Dブラストさんの初期アルバムです。
サンブリーチによる評価は、3/6点です。

素早く結論から述べますと、私による評価で、このアルバムは4/5点です。かなりいい、ということです。
さらにかってな評価をつけ加えると、いままで私の中で3Dブラストさんは、よくて3点レベルのフューチャーファンク(以下、F・F)のプロデューサーでした。それがF・F色の薄まりのせいもあって、4点へのレベルアップを遂げた、とも言えます。

従来までの3DさんのF・F作品とは異なり、今アルバムのタッチは、《death's dynamic shroud.wmv》の傑作たちを思わせるところがあります()。
その《DDSW》をご紹介した記事で述べた、2〜3種類以上のサンプルソースを混ぜ込んでいくような、高度な構成。それが、そのことを思わせるのです。
あまり手間をかけていない感じのヴェイパー作品らが、近ごろ多い中で──それをクールだと思うところもありますが──、この点ははっきり傑出しています。

いっぽうで私が感じるのは、『ミュージック:ヒア・トゥ・ステイ』というこのアルバムに、〈元気がある〉、〈前向き風〉、いっそのこと〈エモい〉、とも言える特徴。
そういえば、そもそもアルバムのタイトルからして、みょうに肯定的ですよね!

が、正直なところ、どうでしょう……。《ヴェイパーウェイヴ》というものを私は、実にたちの悪い、無気力・退廃・シニシズムのきわまり、かとも考えています。
それは相対的には新しいですが、しかし老いさらばえ擦りきれた感性の分泌する、邪悪な音楽(もどき)です。

そして随所に1990年代的なクリシェが飛びかっている今作にも、そういうところが皆無ではありません。ゆえにヴェイパーです。けれど、何か前進でもしそうないきおいが、ふんいきにおいて支配的でしょう。

そしてユートピア地区のレビュアー氏が、〈文句なしにフル5点! 早くも本年のベストワン登場!〉とホットに感激がきわまってしまったのも、おそらく今作のヤングなフィーリングの肯定ムードにライドオンさせられた結果、とは考えられます。
そして否定はできません、そうした受容の仕方を。

そしてこのような、それほど根拠もないような肯定ムードへの転換によってヴェイパーウェイヴも、現在の退勢から成功へのルートに戻るのでしょうか?

[sum-up in ԑngłiꙅℏ]
3D BLAST, an artist who claims to live in Detroit, Michigan, USA. It seems that he has been active since 2015. His name seems to be already widely known as a successful producer of future funk rather than Vaporwave.

And the latest album by 3D BLAST, is “Music: Here To Stay”. It's a release from the successful label business casual of future funk, but the content is getting closer to a full-fledged Vaporwave with the tone of f.f. fading. Yes, I like it.

There are two distinctive features of this album.
First of all, it is a complex and advanced sampling structure reminiscent of the works of death's dynamic shroud.wmv. great!
And the other is the existence of some strange positive mood, the creation of a mysteriously vital vibrant atmosphere.

And I can't say that there isn't something I can't quite sympathize with about the latter feature. However, it can be admitted that it is a very good work!