ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave, Désir Duplication Répétition ─

SoundCloud

deko: MoonKid EP (2019) - ハイパーポップは…どこまでイクのでしょう? ピコーン!

deko: MoonKid EP (2019) - SoundCloud 《deko》──ディーコという名で知られる《Grant Andrew Decouto》さんは、米ジョージア出身のラッパー/プロデューサーです(☆)。1995年生まれ、ブロンドのカーリーヘアがセクシーな男性──たぶん──、です(☆)。 この…

ウータン・da・ウータン: さいごに1996年のくちづけを。 (2021) - セカイ系の終わり と 美少女ワンダーランド

ウータン・da・ウータン: さいごに1996年のくちづけを。 (2021) - SoundCloud たったいま現在のフレッシュでホットな話題であるらしい、何か劇場版のアニメーション大作があります。 20世紀の末から実に長く続いているシリーズの、リメイク版の完結編である…

$αї 玉 Jκ's: Ꚍαkε セーラーふく Aωαy (2021) - 月曜日なのにきげんがワルい

$αї 玉 Jκ's: αkε セーラーふく Aωαy (2021) - SoundCloud 少し懐かしい感じかも知れないアニメとかのヴェイパーウェイヴです。ネタがネタなので、埼玉的な風合いを意識してヤリました。イェイッ。 It's an Vaporwave track 'bout anime that may feel a lit…

2nd cłαss mαidәns: パラドキシ力ル hearꚍꚍhrob (2020) - 見つめあいたい

2nd cłαss mαidәns: パラドキシ力ル hearhrob (2020) - SoundCloud 私は毎日あなたの夢をみています。この現実をねじ曲げて、あなたが私を愛するようにしたいと思います。 I dream of you every day. I want to twist this reality and make you love me.Ma…

女孩 girly 时代: yurUfuwA (日本语 Ver.) (2020) - 麻薬かもしれない……ウソ!

女孩 girly 时代: yurUfuwA (日本语 Ver.) (2020) - SoundCloud 可能是毒品,撒谎! It may be a drug, lie! A vaporesque sound from a song like K-Pop. 何らかの、K-Pop的なグループの唄から、何かヴェイパーウェイヴ的なサウンドをっ! ところでSoundClo…

Li・Bi・Do: あなたのガールフレンドの前髪 (2020) - トモダチを越える瞬間

Li・Bi・Do: あなたのガールフレンドの前髪 (2020) - SoundCloud トモダチ同士という関係を踏み越えるさいのエキサイトメント。The excitement of developing the relationship of friends one step further. A vaporwave song from the theme song of a vin…

Clumsy Clam: ひとつ上の不器用さん (2020) - 彼女はサイエンスで目を奪う

Clumsy Clam: ひとつ上の不器用さん (2020) - SoundCloud 科学部のブチョーがあまりにも不器用だった件。 Love always drives her, but she's too clumsy. A vaporwave song from a bishoujo anime theme. 原作のまんがが大好きなんで、視てもいないアニメの…

Sorry Matchy: 言いたいことも Can't say anymore 毒 々 々 (2020) - キアリーを早くッ

Sorry Matchy: 言いたいことも Can't say anymore 毒々々 (2020) - SoundCloud I've something to say が言えない世の中じゃ、ポ・ポ・ポ・POISON〜! あ……いや……。週刊スピリッツ掲載のカレー沢薫先生による、チン妙な動物らがヒトさまたちの身の上相談に応…

e-Yo: 風に浮かぶ Floating body in the wind (2020) - 天女のように舞う

e-Yo: 風に浮かぶ Floating body in the wind (2020) - SoundCloud 天国のような時と空間の描写です。 It is a depiction of time and space like heaven. ……いやっその。前の記事に書いた、《Days of Blue [天]》さんの制作に、けっこう感じ入ったので(★)…

Summoned Gals: 夜を運ぶオラムピア (2020) - いま わがもとに アポなしで

Summoned Gals: 夜を運ぶオラムピア (2020) - SoundCloud 近ごろ自分はビデオゲームとかしないんだけど、だが信頼すべき情報源である《タフスレ》によれば、〈召喚デリへル〉とか何とか気品に乏しき異名をとるソレが流行っちゃってるらしんだよね! で、ギャ…

【打ち込んでみた】Amen Break CR-78 (1969-∞) - ローランドCR-78 でアーメンブレイク【神々合体】

The Winstons: Amen Brother (1969) - YouTube 《アーメンブレイク》というものが、どんなに偉大なサンプル(またはパターン)であるかということは、すでにネット等でさんざんに語られていること(☆)。 ただホラ、オレって無知なヒトだから。そんなモンの…

魚action: fish動 (2020) - 彼岸の島へとキミをさらって行くぜェ

魚action: fish動 (2020) - SoundCloud コレはまた、近年のニホンのチャートでけっこう上まで行った感じの楽曲から、ヴェイパーウェイヴへ。確か原曲は「何とか島」っていうタイトルだった気がするんで、たぶん『彼岸島』の映画とか何かのテーマ曲 or 挿入歌…

玄米法師: Electro Shock! (2020) - あなたとオレ、9千7百万の中のふたり

玄米法師: Electro Shock! (2020) - SoundCloud 広大なるネットワークの影の部分に《タフスレ》という、びみょうなまんがを熱愛する紳士らの集う場所がありまして(☆)。まあオレも、その酔狂なヤカラの一員でハシクレ、みたいで。そこの同志があるときいわ…

Mauricio Deambrosi, Ramiro Franceschin: Vilia (2019) - 科学は、無力。

Mauricio Deambrosi, Ramiro Franceschin: Vilia (2019) - SoundCloud / YouTube マウリシオ・デアンブロシという人は、アルゼンチンのジャズ・サックス奏者であるもよう(☆)。が、Discogsとかにも名前が出てなくて、あまり有名とかではなさそう。……いやそ…

tellur: gloomy rest ep (2020) - 〈ノイズまみれの汚い音楽〉から 法悦

tellur: gloomy rest ep (2020) - Archive.org 《Breakcore》、ブレイクコアっていう音楽に、まだまだ自分はなじみが少ないんだけど。おそらくそれは、ドラムンベースとガバーハウス(ハードコアテクノ)が合わさって、もっと悪くウルサくなったようなものか…

Jamie Principle: The Midnite Hour (1992) - その深夜、オレはオレの名を呼ぶ

Jamie Principle: The Midnite Hour (1992) - YouTube 《Jamie Principle》、ジェイミー・プリンシプルは、シカゴハウスの勃興期を象徴している男性ソウル歌手(☆)。そしてハウスに関わった歌手たち“すべて”、その中で彼はもっとも偉大なシンガーだと、自分…

girl in red: watch you sleep. (2019) - 無限に拡がる大宇宙、そこにふたりきり

girl in red: i wanna be your girlfriend (2016) - Bandcamp 《girl in red》は、ノルウェーの女性シンガーソングライター《マリー・ウルヴェン Marie Ulven》のステージネーム(☆)。その音楽性は、ホームメイド感覚のローファイなドリームポップ、くらい…

お役立ちPC講座 - foobar2000の機能で、あらゆる楽曲らをヴェイパーウェイヴ風に鳴らす!

さあ〜っ!! この記事では、ちょっとしたお遊びの手順をご説明いたしちゃうよ!そのお遊びとは、〈フリーで多機能なPC用音声プレーヤーである《foobar2000》を用いて、ありとあらゆる音楽をヴェイパーウェイヴ風に再生する〉!! 《もくじ》 | 1. こんなチン妙…

└∀スタイル: James Brown Is Phased (2020) - ジェームズ某は荼毘に付したよ

└∀スタイル: James Brown Is Phased ver. 2 (2020) - SoundCloud James Brown Is Phased! ジェームス・ブラウンは、位相になっています! レイヴ! ニュービート! オールドスクール! ガバーハウス!(とはちょっと違うが) ハードコア・テクノ〜っ!!

自分: Just can’t stop nightlife (2020) - あなたと夜 とヴェイパーウェイヴ

ongaku-modkey: Just can’t stop nightlife (2020) - SoundCloud 残暑みたいなヤツもどうにか過ぎ去って、いま、秋の夜長を独りかも寝む──ヴェイパーウェイヴとともに。 まあ、そのような気分で作ったかもしれない、《自作曲》なんス。 そのサブジャンルは、…

“riA” lanigirO kcartdnuoS (2000), Vaporwave edit - どろり濃厚 泣きゲーの味 おこめ券

“riA” lanigirO kcartdnuoS (2000), Vaporwave edit - SoundCloud / BitChute ごく最近のことですが、私の友だちのような人が、ある20世紀末のエロゲのサウンドトラックがすばらしいと、教えてくれました。確かに楽曲はいいのですが、しかし音質的に改善…

横山智佐&帝国歌劇団: 檄!帝国華撃団 (1996) - 正義の終わり と 自警団ワンダーランド

横山智佐&帝国歌劇団: 檄!帝国華撃団 (1996) - Soundcloud, YouTube 何をどうまちがったのかとうとつに、むかぁ〜しのビデオゲーム『サクラ大戦』(1996, セガ・エンタープライゼス)のテーマソングのお話なのですっ。 とはいえかなり有名なタイトルだし、…

V.A.: Dub Waves on Proton Radio (2016 -) - ダブっ ダブダブっ、ダブぅうぅ〜

V.A.: Dub Waves on Proton Radio - Soundcloud 《ダブテクノ》という語をヨコ文字で書くときに、“Dub”と“Techno”の間はどうしましょう? 現況はどうかというと、くっつけ・スペース・ダーシと三つの表記が併存し、統一されそうな気配がてんでない。 そんな…

Arca: Mutant (2015), KiCk i (2020) - アニメにしないと、ヤツらが来る。

Arca: Mutant (2015) - YouTube ヴェネズエラ生まれでアメリカ育ちの女性、アレハンドラ・ゲルシさん。現在は《アルカ》を名のりバルセロナをベースに、シンガーソングライターとして活躍中(☆)。そして2014年の1stから現在までに、4作のアルバムを発表。そ…

Damon Wild: Acid Wave Podcast #14 (2017) - ただ考えもなくツララをそこに

Damon Wild: Acid Wave Podcast #14 (2017) - Soundcloud / YouTube デーモン・ワイルドはニューヨークのテクノ(アシッドハウス)系DJ/クリエイター。1990年代中盤から活躍中。かつ、SYNEWAVEレーベルのオーナーでもある(☆)。いま彼がどれほど有名かは知…

Jenevieve: Baby Powder (2020) - 世界のポップ とサイボーグポップ そして、さいごの人間らの欲望(想い)

Jenevieve: Baby Powder (2020) - SoundCloud / YouTube 《Jenevieve》──ジュヌヴィエーヴというR&Bの新進女性シンガーは、マイアミ出身でLAをベースに活動中の22歳(☆)。そして“Baby Powder”は、その2020年3月発の2ndシングル曲。かつそれが話題のナンバー…

DJ Tin Man - 心を失くしてさまようアシッドの王子さま(!?)

Tin Man - Acid Acid Acid (2018) さてこれからご紹介いたすは、21世紀のアシッドヒーロー・DJ Tin Man! 芸名の由来はそのまま《ブリキの木こり》、オズの魔法使いに出てくるあれだとか。それと同様、人の心を失くしてしまったばかりに、アシッドの危険な斧…

Somar Sevleuh: Ateak(2018) - ぶっとばしてやれッ、ハードミニマルドライブで!

Somar Sevleuh - Ateak (2018) on Beatport テクノの世界のハードミニマルというサブジャンル、自分なんかも往時はずいぶん、というか死ぬほどハマったものだけど、だがそれもすでに前世紀のお話。…いまはねェ、ほらもォ軽くネ…とか何とかで済ませたいところ…

Kniteforce Records - レイヴ・ドリームを追い続ける、愛すべき××ら

その名を「ナイトフォース」と読まれたそうな、在ロンドンのテクノレーベル「Kniteforce」。これは要するに、Early 1990'sの全盛期ブレイクビーツ・テクノの再興を目指しているのではあるまいかと推測される、あっぱれおめでたい連中であるっぽい。 さてその…