ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave / Désir Duplication Répétition ─

Train Your Abs - あなたのお腹をフラットにする2分間エクササイズのためのトラック

これは、とあるフィットネス動画が紹介しているエクササイズ──、その実践を支援するためのトラックです。

まちがっても、《音楽》ではありません。

いや、その。《タフスレ》といえば、知性あふれるネットの賢者たちの集いの場として、広く世界に知られています()。私もそこで、何かと勉強いたしているのですが。
そこでつい〈出っ腹をへっこめようとしてるっス〉……などとつぶやいたところ、〈このトレーニングがお勧めなんだ〉と、次の動画を紹介されたのです。

短期集中型【1日2分だけ】週3日の耐久戦腹筋でお腹を割るトレーニング方法 - YouTube

趣旨の似たようなメソッドは、数多く世に出ていますが。しかしこの〈1日2分だけ〉という、きわまってイージーそうな感じにひかれたんですよね!

で、さて。この出っ腹引っ込め2分間エクササイズの概要は、こういうものです。
6種類のトレーニングを各20秒間ずつ、合計2分間、インターバルなしで実行します。各種目を、大まかに説明しますと……。

  1. 仰向け、上体起こし
  2. 両膝をお腹へ引く
  3. 腹ばいに、プランク
  4. 仰向けに、右手を左足、またその逆
  5. 両脚を低く浮かせる
  6. 上体をひねりつつ空中自転車こぎ

……と、そこまでは理解したとして。しかし実践にあたり、20秒間の区切りを意識することが難しい。運動しながら見えるようなところに大きな時計を置く、ということも手軽ではありません。

そこで、20秒×6回の区切りを知らせてくれるトラックの作成におよんだのです!

でまあ、むかし私が少しやっていたガバーハウス(ハードコアテクノ)風でもある、TR-909めいたビートボックスがドカスカ鳴ってるだけのそれです。テンポは144 BPM
ですが、4小節×3の12小節を単位として、それを6回反復するという、実にへんな構成になっています! ハウスみたいなものかと思って聞くと、調子がくるうでしょう。

なぜ、そのようであるかというと。〈20秒〉という時間を、少しはきりのいい小節数で、かつお調子のよいテンポで、音楽めいた形にする──、という条件を満たそうとしたら、144 BPMで12小節が最適解かという気がして。
仮に20秒間を、8小節 or 16小節で音楽にしたら、あまりにもテンポが運動向きでない。遅すぎ or 速すぎです。

そもそも、なぜ20秒が単位なの?……という疑問もわいてこないことはないですが。しかし、そこを問う資格を自分に認めません。とりあえずは師範みたいな人に従います。

なお《ブルース》の基本的な構成が12小節なので、いっそ〈腹筋ブルース〉という楽曲を作ろうかとも思いました。が、運動とブルースが合わない気がしてやめました。めんどうでもあり!
そしてレッスン1から同6までのカウントを入れて、かつ〈Train Your Abs!〉という激励のメッセージを入れて、まあできたことにしました。

《ここ》をご覧の皆さまの中にも、自分のお腹を引っ込めたい方がいないとも限りません。そのさいは、ぜひこれらをご活用くださいね!