ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave / Désir Duplication Répétition ─

Anna Fox Rochinski: Cherry (2021) - マジ童貞!? キモーイ! 童貞が許(後略)

《Anna Fox Rochinski》──米マサチューセッツ州出身の女性歌手、アンナ・フォックス・ロシンスキーさん()。
2009年から彼女は、サイケフォーク的なドリームポップのバンド《Quilt》の一員として、ご活躍なされています()。このバンドでは3作のアルバムが出ていますが、それぞれ評価がやや高いもののようです。

そのアンナ・ロシンスキーさんの、初のソロアルバムが、ご紹介いたします“Cherry”です。
2021年3月・発の最新アイテムであり、その音楽スタイルは、ローファイ気味のエレクトロポップくらいに言えそうです。全10曲・約38分を収録。

そして?

何しろアルバムのタイトルが《チェリー》であるだけに、〈どうせ、“オレらの陣営”に対するディスなんだろっ、えーっ!?〉、といった思い込みが、私たちのサイドには生じがちでしょう。
異なるでしょうか?
そしてそう思い込んだとすると、謎めいた青空にワク取られたカバーアートまでが、かのM$社か何かと結託しつつ、みじめな童貞らを憐れんでやまぬ、晴れやかな勝利のフィーリングでしょうか。

──あ、で、さて。今アルバムの7曲めが、そのタイトル曲「チェリー」なのですが。
その歌詞は、だいたいこういうもののようです。

私は彼を決して入れません
荒天の時は警備員が上がっているので
私はそれを知覚する良い方法がありません
どうしてそんなに強迫的になったのですか?
私がスパイラルを何度も見ている
彼らはただ「それは残念だ」と言うだけです

 

正直なところ、彼のために病気になるのは悪い労働です
(死ぬまでさくらんぼ、目にさくらんぼ)
正直なところ、私は私の心がより良いプレーヤーだと思いました
(チェリーは嘘です、チェリーパラダイス)

……と、すれば。〈マジ童貞!? キモーイ、キャハハー〉などと、そこまでストレートに言われてはいないようですが。
しかしやっぱり何となく、《われわれ》を愚弄している感じがゼロだとは?

あ、いや、まあ、冗談はこれくらいにいたしまして。

Quilt: Plaza (2016) - Bandcamp
Quilt: Plaza (2016) - Bandcamp
キルトの、“最新”のアルバムです。
アレンジが生バンド寄りです。

その歌詞の意味とかはよく分かっていませんが、ともあれアンナさんのソフトなボーカルが耳に快い、聞くに愉しいアルバムだと考えています。この『チェリー』は。

それのタイトル曲つまり「チェリー」が、とくに出色なのです!

──なぜなのかその曲は、8ビットゲーム機めいたチップチューンで始まります。ピロリロリー
続いてナチュラルトーンのギターが、フォークとマスロック(math rock)をまたぐようなリフで鳴らされます。
さらに続いて、アンナさんの甘く伸びやかなボーカルによる童貞告発、へと運びますが──。

そして、その楽曲の全体にわたり──かつアルバムの全般にもわたり──、エレクトロ的抽象世界とナイーブでドリーミィなフォーク世界とを、意味も分からず往復し続けているようなワイド感。これが奇妙にいいんですよね!

と、いうわけで、《われわれ》ことミソジニーインセルの高齢童貞アーミーも、アンナさんを大いに赦しましょう。《赦す》ということの尊さ、それを誰もが少しずつ考える。