ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave / Désir Duplication Répétition ─

Kevin Richard Martin: White Light/Red Light (2021) - そんなグラデーション、暗さから暗さへの。

《Kevin Richard Martin》──ケヴィン・マーティンさんは、イングランド出身のエレクトロニック系ミュージシャンです()。1990年あたりから活動されているようです()。

このケヴィンさんの最新作、今2021年初頭のリリース品らが、“White Light”および“Red Light”、という連作めいたアルバム2作です。
これらのスタイルは、ダークアンビエントです。2作あわせて、10曲・約79分が収録されています。

そしてダーク系として、ふだん私がついつい聞いている、《Cryo Chamber》のシネマティックでドラマティックなテイストとはまた違う()、かつティーヴ・ローチさんのニューエイジ風味で宇宙的なダークとも異なる()、その淡々とした暗さに、フレッシュさが感じられました。

いいと思います。実用オーケーです!

で、さて。このケヴィンさんは近年まで、どちらかというとインダストリアルの方面で、彼の音楽キャリアを積み重ねてきたようです。
ここまでの彼の最大のプロジェクトと思われるのが、《The Bug》という一人バンドなのですが、これはどうにもインダス・ヒップホップとでもいうような、また実にチン妙な音楽です()。
けどまあそれらが、ニンジャチューンやリフレックスのような、ともかくも名の通ったレーベルらから出ていたそうなのですが……。

そうして現在ケヴィンさんは、この本名の名義にて心機一転(?)、ダークアンビエントに取り組もうとしておられるようす。それは、とても歓迎できるトライです。
ですがしかし、2020年・夏くらいの作品までは、まだインダスの尻尾がついていた感じです。あまり耳にやさしくないパートが、散在しています。

それから追って2020年11月リリースのアルバム、“Sedatives”)。このあたりから、私の強く共感できる、どんよりしているだけのダーク系サウンドになっています。達成です
そしていま、2021年。ホワイト&レッドのペア作品で好スタートを切ったケヴィンさんの、ますますのダークな躍進に、大きな期待ができると思います!