ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave / Désir Duplication Répétition ─

photo jewel: virtual escape (2020) - 〈わたしは一向にかまわんッッ〉!

《Internet-Stories》という、何か異色ありげなヴェイパーウェイヴのレーベル()。そのリリースらについて前の記事で、《Computer Gaze》っぽいのが目立ち気味、みたいなことを書いたけど()。

ところが、対象らを調べているうちにプランが崩れ。そのコンピュータゲイズっぽいスタイルの作品を、たった1コしかご紹介できてないのはマヌケ、とは自分でも思ったんだよね!

ということでインタネット・ストリーズからのリリースらをチェキし直し、今年2020年に出たアルバムで、コン・ゲーっぽいのを追加でご紹介。

そしてご紹介するのが、《フォト・ジュエル》《エモーショナル・インテリジェンス》というバンドらなんだけど。
……しかし、とくに加えて説明することがないんだよね。

つまりそれぞれ内容は、前記事で述べたようなコンピュータゲイズ。さびしみの深いサウンドの断片らが、ささやかに集積されたアルバムたち。それがなぜだか、ジワリと心にしみてこないでもなくて。

なお、エモーショナル・インテリジェンスのトラックで、約13分という長いのがあるけど。実はこれも、断片的な曲らの寄せ集めが1トラックになっているだけ。数えていないが、10コくらいの曲がその中に詰まっているのでは。

そしていずれも、作者の素性とかぜんぜん不明。そもそも作品が、それぞれ1コずつしかないもよう。

……そしてサウンド傾向もほとんど変わらない感じだし、そんなことから、前記事でご紹介の《レイディアント・メモリーもあわせ、実はぜんぶ同じヤツが作ってンじゃねェの、って気もするんだけど。
だがしかし、それならそれでも構わないし。また、それぞれがちゃんとした別人だったとしても構わない。〈わたしは一向にかまわんッッ〉

どうせ、“すべて”が、メディア環境というドロ沼からフと浮かび上がった、小さなうたかたたちでしかないのだから。

[sum-up in ԑngłiꙅℏ]
Continuing from the previous article, I would like to introduce the “Computer Gaze” albums released by “Internet-Stories”. That is, they are works by bands named photo jewel and emotional intelligence.
However, I don't think it needs any additional explanation. In short, they are Computer Gaze works with small collections of lonely sound fragments.

Together with the radiant memory introduced in the previous article, it seems that each tones are not too different. So we can doubt that these works are all made by a same person. However, it doesn't matter if that is the case or not.
Anyway, these ALL are just small bubbles that emerged from the bottom of the mud swamp of the media environment.