ポ  サ  研

─ ポスト真実 のサウンド研究, ヴェィパーゥエィヴ と仲間たち, 欲望 複製 PØP ─

Computer Wind: Behold Your Soul (2020) - 張りボテ天国への入場券、今なら超ディスカウント価格にて!

《コンピュータ・ウィンド》は在ブラジルを自称するヴェイパーウェイヴ・クリエイターで、2019年からBandcamp等に作品を発表しているニューフェイス(おそらく)。という、それ以外のことはいまだ分からない。
その最新アルバム“Behold Your Soul”をご紹介するわけだけど、これはまず自分にとって《違和感のないサウンド》だと言える。ユル系のヴェイパーを愛しちゃっている者の耳らには、きわめてすなおに入っていく音なのでは。

かつ、カバーアートやタイトルらにも表れているが、ソウルとかマインドとかスピリチャルとかに関わるコンセプトのアルバム、という側面もありそう。ここに流用されたサンプルらもまた、そういう傾向のまじめ&前向き系のR&Bか何かなのだろうか。
しかし盗用音楽(plunderphonics)を介して人にお説教だなんてどうしようもない話なんで、そこらはまあヴェイパー一流のウィットとでも受けとって。そういうことよりフェイズシフターか何かを使った「シュワシュワ〜」というジェットサウンドの気持ちよさ、そしてベニヤ板の囲いでできたようなキッチュな天国へのアセンション、それらの体験を楽しみたい。

と、オレはけっこうイイと思ったが、しかしとくべつにシーンで目立っているわけでもないコンピュータ・ウィンド。その存在を自分が知ったのは、YouTubeというプラットフォームでのヴェイパー界をリードしている《Vapor Memory》さんのご紹介による、と言える。
このヴェパ・メモさんが彼のチャンネルのコミュニティで、「近ごろつべによるブロックが厳しいので“BitChute”に動画をミラリングしつつある」と発言していたので()、どんなものかと見に行った。そうしたらちょうどこのアルバムがトップに出ていて、とりま再生してみたらワリとイイ感じ、となったのだ()。

そして以下はついでの話、YouTube等へのオルタナティブであろうとしているこの動画プラットフォーム、BitChute(開業・2017年)。日本語の世界ではほとんど話題になってないけれど、しかし英語の世界ではその評判が、あまりよろしくはないもよう。
というのもチェックのユルさをいいことに、ようつべから追放された極右と陰謀論のチューバーらが、それを活用しすぎているからだとか。そういう流れを運営会社が意図的にあおっているのかどうか、そこらは灰色のようだが。

いや。われわれのヴェイパーウェイヴなんて極右とはもっとも縁遠い、ウツの時代の乾ききったおセンチ音楽くらいに考えていたが──とはいえそのニヒリズムが右翼的マインドに裏返る可能性がないとも言えないが──。しかしひょんな事情から、そういう方々と呉越同舟になったりもする、とは。
またSNSの世界にも“Gab”というプラットフォームが存在し、これはリベラル寄りの発想からツイッターに対抗しているマストドンの派生物でありながら、しかし実態はウヨクの巣窟であるという。利権追求とタテマエのかたまりである“GAFA”の支配から逃れたいのは右も左も同じというわけだろうけれど、しかし──。