ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave / Désir Duplication Répétition ─

Chichilcitlalli: Magic Island Resort (2018) - 想像しうるすべての(性的)ファンタジー

《Chichilcitlalli》──を名のる、ヴェイパーウェイヴのプロデューサーであるような人。そのプロフィール等はまったく不明であり、また、このステージネームの読み方も分かりません。
この人を仮に《チチルシットラッリ》、略してチチルさんと、この場では呼んでおきます。このチチルさんは、2018年から現在までBandcampに、12作ほどのアルバム/EPらを発表しています()。

そして、このチチルさんと自分がどうやって出くわしてしまったのか、それもはっきりとは想い出せません。たぶん何らかの別のBandcampページの、下のほうのサゼッションにでも出ていたのでは?

でまあ、その見つけてしまったアルバムが、ご紹介する“Magic Island Resort”です。チチルさんの作品として、もっとも初期のものです。
そして〈アルバム〉とは言いましたが、その内容は全5曲・約13分と、EPくらいのスケールです。このチチルさんのアルバムは、こうしたコンパクトなものが多い。

そしてこの作品『マジック・アイランド・リゾート』のコンセプトは、作者によってあからさまに記述されています。

隠れ家的なリゾート地で行われた週末のセックス・パーティーで起きた様々な出来事が語られている。
そこには、想像しうるあらゆる種類のファンタジーがある。
セクシーでホットなバスルームでの出会い。ウェイターとお客さんの関係、ビーチで楽しむ若いカップル。友達同士の4人組が夕日を見ながら踊る姿まで。
セクシーで、ゆっくりとした、視覚的な至福の冒険。

……イラッとしますね! しませんか?

あたりまえですけれど、こんな13分ぽっちのささやかなアルバムで、〈想像しうるあらゆる種類のファンタジー〉を描写できるでしょうか? もちろんできないし、実現されていません。

では、これがどういうものかというと。

まず、私たちにはおなじみの《ウェザー・ミュージック》──まったくどうでもいいような軽ぅ〜いフュージョンイージーリスニング──たちが、ルーズにたれ流され。そしてその上に、英語のアナウンスや会話らが乗っかっています。

そしてそのおしゃべりたちが、その言われたひみつのリゾート地でのセックス・パーティに関連するものなのでしょう。別に完全には聞きとれませんけれど、たぶんキスをしているらしい音なども響いて、スケベなムードだけはしっかりと伝わってきます。

ですが、〈こんなものを聞いていて何になるのか?〉、とは思うんですよね。

いやらしいムードは確かに出ているんですが、かといって、ポルノとして機能するようなものでもないし。
がしかし、このチン妙なサウンドに、ひかれる気持ちがぜんぜんない、と言ったらうそになります。

いや、これはちょっと、思うんですけれど……。
〈想像しうるあらゆる種類のファンタジー〉に満たされた〈至福の冒険〉を、求めつづけて常に失望させられてきた《私》……。その《外傷》の、治りきってはいない古い傷あとを、弱く強く撫でられているような、独特の痛痒さ……。
そういうへんな愉しみが、このアルバム『マジック・アイランド・リゾート』から、得られているのかも知れません。

さて。チチルさんのその後のアルバムでは、2019年の“VAPR0N”が、この『マジック〜』にやや近いスケベ作品です。こちらのテーマはポルノビデオであるみたいで、やはり全5曲・約12分半というコンパクトなものです()。
しかし『マジック〜』のむき出しのストレートさに比べたら、何か多少の洗練が、感じられなくはありません。素材である楽曲らも、やや趣味のいいジャズ系のラウンジとなっています。

なお。チチル関係で私がもっともいいなと思ったアルバムは、その別名ユニットであるらしい《火星情緒》、そのセルフタイトル作です。
これは題名そのまま、スペイシーなムードのぼんやりしたチルアウトです。19曲・約40分を収録。か細い鳴りの断片的なサウンドたちが、うすら寂しいアトモスフィアを形成しています。

──そういうことでチチルさんは、エロ系ヴェイパーしかできないというわけではない、多才さ、有能さ、それは分かってきたのですが。
が、だからといって、どこへ向かっているのでしょうか? そして、私たちもまた。

[шrαρ-υρ in ԑngłiꙅℏ]
A person who is a producer of Vaporwave, who is named Chichilcitlalli. His profile etc. are completely unknown. Anyway, Chichil has released about 12 albums / EPs on Bandcamp from 2018 to the present.

And I would like to introduce “Magic Island Resort”, which is the earliest album by Mr. Chichiru. All 5 songs, about 13 minutes are recorded, just an EP scale. Many of Chichiru's albums are compact like this.

And the concept of this album is blatantly described by the artist.

This is the narration of different events that occurred during a sex party weekend at the seclusive resort. There is every kind of fantasy imaginable (…)

As a matter of fact, here's what it is. First of all, we have the familiar “Weather Music” playing loosely, and then we have English announcements and conversations on top of that. The words are like a live broadcast of a sex party.

This is enough to convey the obscene feeling. However, these sounds do not function as pornography itself.
It only causes an itchy and sore sensation, but I feel like it's good. There is something about this that I find very appealing.