ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave / Désir Duplication Répétition ─

奥床式: V A 悪 い 波 (2020) - ハダカにならずに洗髪できるシャンプードレッサー

シグナルの勇者、チート広告パワーでヴェイパー界を無双しアニメヒロインのハーレムで俺カッケェー。
そんな感じでこのところお送りしております、シグナルウェイヴ(テレビCM的なサンプルらを流用・悪用しくさったヴェイパーウェイヴ)を推しまくる企画でございます。イッてみよっ!

さあ今回ご紹介するアルバムは、在福岡を自称するグループ《奥床式/架空インターネットラジオ「ばり好いと〜よ!」》──これがバンド名なのかレーベル名なのか不詳──、そのあたりから出たオムニバスっぽいアルバム、「V A 悪 い 波」

しかしよくないが、自分は疑い深い。これは多数のアーティストたちが参加したオムニバスの体裁だけど、しかし実はせいぜい2〜3人で作った曲らの作者名だけ変えているのでは、という疑念を払拭できず。
そんな所業の先例として、すでに《天気予報》の人が別名らを用いワンマン・アンソロジーをやっている()。これもなかなかイケる作品なんだが。
ただし、そういう体裁の部分あたりにフェイクがあったとしても、それは別にいい。寡兵を大軍に見せかける作戦は、あの孔明とかもやってたワケだしね! たぶん孫子の兵法だね!

そしてこのアルバムの内容、全般的にレベルが高い、じゅうぶん一聴に値する──。それは思うが、しかしまとまったことは言いにくいんだよね。
というのも意外に作風が幅広く、《何とかヴェイパー》みたいな諸スタイルがほとんど網羅されているのでは、くらいのイキオイだから。ヴェイパートラップやフューチャーファンクっぽいのもあるし。
しかも、そのそれぞれが「けっこうよくない?」くらいにはデキてるんで、実に頼もしい。かつ、アルバム冒頭にいちばんクラシックヴェイパー的な曲がある、というところに共感させられる。

けれども《シグナルウェイヴご紹介》という趣旨の記事なので、もっともそれ風な1曲を見ておきましょうか。
このアルバムの4曲め、《TVッコAddictive》による“channel zapper”という楽曲なんだが、これを楽曲と呼ぶのもおろかなバカシグナルである。
タイトルそのまま、ナゾのテレビっ子みたいな人(?)が1980年代のテレビをチャンネルザッピングしている行為の実況風。バスクリン、τοτο、ガソダム、三ンキー毛モ、斉藤田貴などなどのネタらがぞんぶんに歪曲劣化されカットアップされており、胸クソ悪さとキモチいい恍惚の同居を愉しめる。

で、どういうわけだかこのトラックの終わり方が好きだ。いやエンディングも何もなく、たんに「ふっ」と終わっちゃうだけなんだが、なぜかそこがいい。
それは1980'sメモリーのはかなさとうつろさを表したものなのか、それともテレビっ子の人がフと視聴に飽きただけなのか。どっちでもいいけど、でも何か心に響くものを感じたんだよね。いちまつの寂寥感、ワビサビってヤツかな……!?