ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave / Désir Duplication Répétition ─

secretflowers: mirage (2020) - フェイク疑惑のかたわらで、なごむ

《secretflowers》──シークレットフラワーズは、米フロリダ州オーランドに在住を申し立てているヴェイパーウェイヴ・クリエイターです。2019年から活躍中のようです()。

2020年末までに、このセク・フラさんは、5作のアルバム(EPを含む)を発表しています。
その作風は、あわやシリアスなアンビエントなのでもあろうか──と理解してしまいそうな、静ひつなドローン系です。

《ドローン系アンビエント》のようなものを、わりに聞きこんでいるつもりの私には、セク・フラさんによるトラックらが、かなりまっとうに聞こえてしまうのがふしぎです。
たとえば、ニッポンの誇るチヘイ・ハタケヤマ氏の諸作品に対しても()、そう劣ったものではないように聞こえています。ふしぎにも。

ところで。

数日ほど前、移動中に空き時間があったので図書館に寄って、そこで私は雑誌『ユリイカ』のヴェイパーウェイヴ特集号(2019年12月)を、ななめ読みしました。
200ページくらいのものを約15分間で眺めきったのですが、その中で印象的だったのは、〈偽アンビエントの告発〉というトピックの存在でした。いや、正しい言い方は、〈擬似アンビエント〉だったかも知れません。

それは、こういうことです。半分くらいは私の意見がまぎれ込んでいそうですが──。

本来の正しい《アンビエント・ミュージック》とは、ブライアン・イーノ師の提唱による、崇高さをきわめたコンセプトである()。それは、それ以前からあるBGMやイージーリスニングらに、対抗しているものである。
しかるに現今、というか1980年代末くらいからずっと、アンビエントのふんいきだけをなぞったイージーリスニングらが、ニューエイジ/ヒーリング/メディテーション/チルアウト等々々として、一緒くたに流通をキメくさっている。実にけしからぬ。

これはまさしくわが意を得たり的で、〈もっと言ってください、どうか!〉と、私は心で叫びました。図書館の椅子の上で。
ただし私は(おそらくご存じのように)、《スーパーのBGMみたいな音楽》を愛し、そして大いに振興していく立場です。ですから、フェイクであるというだけで、その作品らの価値を否定することはいたしませんです。

かつ。そうだとしたらどうすべきか、またそのお話とヴェイパーウェイヴとの関係は──、といった論点に、そのテクストが、およんでいたのかどうかを思い出せないことが、いまひじょうに遺憾です。

そうして私たちのヴェイパーウェイヴは、フェイクでありキッチュであることを隠していないどころか、I字開脚くらいのいきおいでそのことに、大きく開きなおっています。実にけしからぬ悪ですね。

ところでセク・フラさんの作品らを聞いていると、これもまたその《偽アンビエント》なのか、あるいは意外とそうでもないのか、という疑問がわき起こってきます。

しかし、ちょっとそれは分かりません(!)。

かなりちゃんとしたアンビエントのように聞こえなくもないが、しかしセク・フラさんは、どう見てもみずからヴェイパーのシーンの中に身を置いている。先日お伝えしたヴェイパーのオンライン・フェスティバル《Late Night Lights》にも参加()、ライブ出演しています()。

はっきりしていることは、そこまでです。

ことによったらセク・フラさんによるトラックたちは、意外とひどい恥ずべき手法で作られているのかも、知れません。たとえばまっとうなドローン系作品たちの、スピードを単に落としているだけ、のような。
そうでもなければ《ヴェ〜イパァ〜》という感じがしないのですが、〈まあそれならそれでもいいし〉と私が考えているのは、言うまでもなさそうなことでしょう。

[sum-up in ԑngłiꙅℏ]
secretflowers is a Vaporwave creator who claims to live in Orlando, Florida. It seems to be active from 2019.
By the end of 2020, Sec-Flo has released five albums (including EPs). The style is a quiet-tranquil-calm Drone that seems to be understood as if it's a serious Ambient music. It's very pleasant music.

And for me, who intends to listen to music like "Drone Ambient" rather enthusiastically, it's strange that the tracks by Mr. Sec-Flo sound pretty straightforward.
In other words, it sounds like not so inferior to the works of Chihei Hatakeyama, who is proud of Japan, for example, mysteriously.

Why is this part of our evil-vicious-perverted Vaporwave?

Perhaps the tracks by Sec-Flo are made in a surprisingly terrible and shameful way. For example, it's just slowing down the decent Drone works.
Otherwise, it doesn't feel like "Vaaapoorrr", but it goes without saying that I think "Well, that's fine!".