ポ  サ  研

─ Post-Truth Sound Lab, Vaporwave, Désir Duplication Répétition ─

Lindsheaven Virtual Plaza: NTSC Memories (2013) - 走査線の波間に消え、戻る

《Lindsheaven Virtual Plaza》──リンズヘヴン・バーチャルプラザは、ブラジルのリオの人であったセザール・アレシャンドリ(Cesar Alexandre)さんによるヴェイパーウェイヴのバンドです()。

リンズヘヴンのヴェイパー活動は、2013年に集中して実行されています。その時期、私が、〈第1次ヴェイパー・ブーム〉などと呼んでいる時期に秀作らを発表し、このムーブメントがマッシヴなものであることを大いに印象づけた──それが、リンズヘヴンさんの功績であったと言えるでしょう。

そのようにして、シーンの絶大なリスペクトを集めていたアレシャンドリさん。その訃報が、この4月16日にツイッターで伝えられました。彼が親密だった地元ブラジルのレーベル《ATMO™》さんが、その第一報をもたらしたようです()。

……ここであらためて、リンズヘヴンさんの最高傑作と見なされているアルバム、NTSC Memories”を聞き直しました。
するとそのサウンドが、あまりにも耳に親しく、心になじむ、言わば身についた私の一部分であることを、私は感じました。

このサウンドを、どのように形容することができるのでしょうか。
たとえばサンブリーチさんは、今作に《三つの太陽》と呼ばれる最高の評価を与えた上で──お伝えしたように、サンブリさんのレビューでこの最高点を獲得しているアルバムは、全ヴェイパー史上わずか12作のみです()──、次のように述べておられます()。

NTSC Memoriesはまさにそれについてです。記憶と、古い公共放送やドキュメンタリーへの参照を、彼らが見ているものをまだ完全に理解していない子供の目を通して見たものです。それは、70年代の入門的なジングルを思い起こさせる解決の進行から始まります。それによって、シンプルなキーボードのメロディーが、この深夜のネットワークで議論するための最新のトピックを紹介します。


生産は非常にローファイですが、ここでは「ローファイ」と「低品質」を区別する必要があります。(…)NTSCモリーズはローファイです。NTSC Memoriesの場合、ローファイの美学は記憶の概念を増幅します。これらの記憶は不完全ですが、記憶されている部分はまだ活気に満ちています。


トラックのアップテンポのメロディーと比較的強烈なパーカッションでクレジットが転がり、さようならを言って来週お会いしましょう。TVガイドで日付を丸で囲んでください。これはもっと戻ってくる価値のあるアルバムです。

憶えてもいない記憶を注入されて、私たちはそれにノスタルジーを感じています。NTSCビデオ・システムの、低解像度の走査線のすきまに、ユートピアはかいま見えたでしょうか。

──そして、死とは何であるのでしょうか。ことに、ヴェイパーウェイヴにおける死とは、いったい何であるのでしょうか。
未来をあらかじめメモリーに組み入れることによって、私たちは死を受け容れました。これは適切な解決になっているのでしょうか。

そうして私たちはテクノロジーと消費文明のゴミらをケルンのように積み上げ、叶えられていない欲望のカタログを作成し続けます。
不在のものこそが最良であることを確認しましょう。別れを告げながら私たちは、リンズヘヴンさんと再会し続けるでしょう。

[sum-up in ԑngłiꙅℏ]
On April 16th, 2021, the obituary of Lindsheaven Virtual Plaza (Mr. Cesar Alexandre), one of the most important producers of the early Vaporwave, was reported. It's a shame.
Now, when I re-listen to his 2013 masterpiece album “NTSC Memories”, I feel that it is a part of me that is too close to me and familiar to my ears.

What is death ... What exactly is death in Vaporwave? By pre-embedding the future in memory, we accepted death. Is this the right solution?
Then we pile up the trash of technology and consumer civilization like a cairn and continue to create a catalog of unfulfilled desires.
Make sure that the absence is the best. Saying goodbye, we will continue to visit Lindsheaven Virtual Plaza again and again.